スープ

ラーメンたべる博多ラーメンの主な特徴の一つとしては、スープをあげることができます。博多ラーメンは豚骨スープで、乳白色ににごっているスープをすぐに思い浮かべた方は多いでしょう。このスープの色ですが、どうして出ているのかはご存知でしょうか。

乳白色ににごったスープができあがるのは、豚骨を高い火力で沸かし、じっくりと時間をかけて煮込んでいるためです。その中で豚骨のゼラチン質などが溶け出し、乳白色にごったスープに仕上がります。また、骨のゼラチン質が溶け出したために、若干のとろみが出るのもスープの特徴の一つです。

豚骨ベースのスープと聞くと、こってり味を想像する方は多いでしょう。見た目にもこってりとした味なのではないかと思う方は多いはずです。しかし、実際のところ博多ラーメンのスープは、見た目に比べてあっさりした味に仕上がっているものが多いです。

なお、全ての博多ラーメンを提供する店でスープの濃厚さが同じというわけではありません。豚骨スープといっても香りや味には違いがあり、各ラーメン店の個性が発揮される部分でもあるといえます。博多ラーメンの中でも、より自分の好みに合う一軒を探してみるというのも、楽しいのではないでしょうか。