麺ほかの種類とは違った特徴を持つ博多ラーメン。麺にも違いがあります。まず、博多ラーメンの麺はほかの種類のラーメンとは異なり非常に細いです。また、ストレートの麺であることも博多ラーメンの特徴の一つです。ただし、全てのラーメン店で極細麺が採用されているわけではなく、別の太さの麺を使った博多ラーメンを提供しているところもあります

麺をつくるときに小麦粉に加える水分の割合のことを加水率といいます。博多ラーメンはこれが低く、スープを吸収するため伸びやすくなっているのです。このために、博多ラーメンは大盛りでオーダーしません。そのかわり、替え玉によって麺を追加でオーダーし、伸びてしまう前にたくさん食べることができるようになっています。

なぜ伸びやすい極細麺を使っているのかというと、スープとよく絡むようにするのが狙いです。替え玉が前提で分量が少なめであり、麺が細いということもあって女性でも食べやすいと好評です。

また、博多ラーメンは基本的にかための麺で提供されることが多いですが、麺のかたさを選択できるようになっているのも特徴の一つです。ハリガネ、カタ、バリヤワなどと表現されるかたさの中から、好きなものを注文することができます。