トッピング

ラーメン博多ラーメンのトッピングは、提供しているラーメン店によって多少の違いはあるものの、基本的にはあまりいろいろな種類のものが盛り付けられていることはありません。チャーシューやネギ、モヤシ、海苔、キクラゲ、メンマなどがのっていることが多いです。追加料金を払ってチャーシューや煮玉子などのトッピングをプラスできます。また、はじめからスープと麺の上にのってくる具材だけでなく、博多ラーメンには卓上トッピングもあります。よくあるのは紅ショウガ、ニンニク、辛く仕上げた高菜といったものを好みでのせることができるようになっています。

博多ラーメンには追加料金を払えば何度でもすることができる替え玉があります。ザルからドンブリへ麺を投げ入れるパフォーマンスはよく知られています。実際に見た経験があるという方も多いでしょう。この麺のおかわりのタイミングでトッピングを変えることによって、また違った博多ラーメンの味を楽しむことができるでしょう。また、替え玉をするとスープの味が薄くなってくるのですが、このときに活躍するのがラーメンタレという調味料です。大抵のラーメン店で常備されていますので、これを投入してちょうど良い味に整えましょう。